こんにちは 都中Pです!

 東京都公立中学校PTA協議会(以下、都中Pと記載)は、各中学校PTA(単P)や各区市町村PTA連合会(地区P連)における学校、家庭および地域での教育環境の問題や課題を集約して、他地区や他区の事例として情報提供を行うことを大きな役割の一つと考えております。また、一単Pや一地区P連で対処できない事象、全都的に対応すべき問題や課題を速やかに把握し東京都教育委員会等との懇談や交渉を重ね、改善策の構築に努めてきております。


 <新着情報>

・2022.8.6 「第33回広報誌コンクール各校の受賞コメントと講評」を掲載しました。

 

・2022.7.3 「第33回広報誌コンクールの結果一覧」を掲載しました。

 

・2022.4.20 5月19日(木)開催の「ファミリード第3回オンラインミニ講座」を掲載しました。

 

・2022.3.22 「第33回広報誌コンクール実施要項」を掲載しました。

 

・2021.11.1 11月21日(日)開催の「全都地区PTA連合会・会長会のお知らせ」ページを更新しました。

 

・2021.9.1 都中P通信No.65を掲載しました。

 

◆第33回広報紙コンクール結果◆

  

各単位PTAの皆様におかれましては、コロナ禍でのPTA活動に、様々ご苦労もおありの事と存じます。

  さて、6月28日(火)に、令和3年度「第33回 東京都公立中学校PTA広報紙コンクール」の結果が発表されました。

 

☆最優秀賞 東京都教育委員会賞☆

「いずみ」

江東区立深川第四中学校PTA


受賞おめでとうございます!!

また、各賞の受賞校一覧はこちらからご覧ください。
たくさんのご応募ありがとうございました。

 

都中Pセーフティライフ6

PTA会員の皆様が個別に加入する事が出来るお子さまのための団体傷害保険 

都中Pのスケールメリットを活かし、独自の補償プランを設定した内容となっております。団体割引に加え優良割引が適用となりますので、同じ内容で一般加入する場合よりお得な保険料でご加入出来ます。

PTA行事総合補償制度

PTA単位で加入するPTA行事に関する総合補償保険(傷害+賠償)を開発し保険会社に委託、運用しております。都中Pのスケールメリットを活かし、独自の補償プランを設定した内容となっております。団体割引に加え優良割引が適用となりますので、同じ内容で一般加入する場合よりお得な保険料でご加入出来ます。



会長あいさつ

 

 日頃より、都中Pの活動にご協力とご理解を賜り厚くお礼申し上げます。

 コロナ禍で迎える3回目の新年度がスタートしました。新型コロナ感染症の終息が見通せない中、コロナ禍前と同等とはいきませんがWithコロナで子どもたちは授業をはじめとした学校生活を過ごしています。教員の方々も授業スタイルをオンライン授業、更にはICT活用した授業導入の加速を余儀なくされてきた経験を踏まえて、状況の変化への対応力向上に努められていると思います。

 PTA活動もこの2年余の期間で大きく様変わりしました。対面で行われていた役員会、委員会活動もオンラインでの開催を導入し、アナログ的な書面による通知・案内が電子メール、SNS等を利用したデジタル化され、活動、連絡も大きく変わってきています。また学校、地域とのつながりにも制限されていた状況だと思いますが、子どもたちの安心、安全の為には、PTA、学校、地域のつながりは必要不可欠なものだと思いますので、PTA、学校がそれぞれ動き出している中、地域との3者連携も新たなスタイル等を導入し活性化することは子どもたちにとってもよいことと思います。

今後も引き続き各区市町村PTAの皆さまや学校・地域、関係機関とも連携し、子ども達の安心・安全を第一として、より良い教育環境を整えるお手伝いを考えていきたいと思います。引き続き皆さまのご理解とご協力お願い致します。

令和4年度重点活動目標

 PTAの健全な発展と、子どもたちの幸福な成長をはかることを第一義とする本会の目的に基づき、全都会員の期待に添うべく時代に即応したPTA活動を展開し、目標達成を基本方針とする。

 

<活動目標>

 本会則第3条、第4条および第5条の理念に基づき、次のように今年度の活動目標を設定する。

 

(1)中学校教育の発展・向上を目指して、子どもの適性・能力に応じた教育の実践が着実に展開されるよう、東京都教育委員会等への要請活動を行う。

 

 (2)単位PTAならびに地区P連の抱える共通課題の把握に努力し、その解決に向けて東京都の連合体組織にふさわしい活動を展開する。また、その活動を通して連合体の意義を未加盟の地区へ伝え、加盟数の拡大を目指す。

 

 (3)さまざまな社会の変化に対応し、時代にあった協力体制の創造に努める。子どもの教育の原点は家庭にあるということを再確認し、家庭の教育力を高めることで、校・地域・行政と手を携えて、より良い社会人を育成することを目標とする。

 

*** 心豊かな子どもを育てるPTA活動の推進 ***