会長あいさつ


 日頃より、都中Pの活動にご協力とご理解を賜り厚くお礼申し上げます。

 コロナ禍で迎える3回目の新年度がスタートしました。新型コロナ感染症の終息が見通せない中、コロナ禍前と同等とはいきませんがWithコロナで子どもたちは授業をはじめとした学校生活を過ごしています。教員の方々も授業スタイルをオンライン授業、更にはICT活用した授業導入の加速を余儀なくされてきた経験を踏まえて、状況の変化への対応力向上に努められていると思います。

 PTA活動もこの2年余の期間で大きく様変わりしました。対面で行われていた役員会、委員会活動もオンラインでの開催を導入し、アナログ的な書面による通知・案内が電子メール、SNS等を利用したデジタル化され、活動、連絡も大きく変わってきています。また学校、地域とのつながりにも制限されていた状況だと思いますが、子どもたちの安心、安全の為には、PTA、学校、地域のつながりは必要不可欠なものだと思いますので、PTA、学校がそれぞれ動き出している中、地域との3者連携も新たなスタイル等を導入し活性化することは子どもたちにとってもよいことと思います。

今後も引き続き各区市町村PTAの皆さまや学校・地域、関係機関とも連携し、子ども達の安心・安全を第一として、より良い教育環境を整えるお手伝いを考えていきたいと思います。引き続き皆さまのご理解とご協力お願い致します。

 

東京都公立中学校PTA協議会 会長 関口 哲也